読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiësto 2年ぶりに単体名義の新曲「On My Way」リリース

MUSIC Tiësto BRIGHT SPARKS musical freedom

f:id:d-bigger:20170123103904j:plain

https://www.tiesto.com/

Tiëstoが2017年、最初の新曲「On My Way ft. Bright Sparks」をリリースしました。

Tiësto 単体名義では2年ぶり(?)のリリース

Tiësto - On My Way (teaser) ft. Bright Sparks

自身のレーベルmusical freedomから、昨年も新曲を大量にリリースしていましたが、Tiësto単体名義でのリリースは久しぶりなんじゃないか?と思って調べてみたところ、おそらく2014年6月リリースのアルバム「A Town Called Paradise」以来じゃないでしょうか。

アルバム収録曲にはそれ以前に発表されている楽曲が大半なので、そこを考慮しても2年半ぶりということになります。(もし間違ってたらスイマセン…)

今回は、イギリスの男女デュオBRIGHT SPARKSをフィーチャリング。

 

ClubLife 500 showで気になっていた曲

昨年、ClubLife500回を記念してアムステルダムで開催された「ClubLife 500 show」で披露されて以来、気になっていた楽曲でした(当時はID名義)。

↓41分ごろから聴けます

ClubLife by Tiësto Podcast 500 - First Hour

 

Tiëstoとのコラボでビッグネームになったアーティスト

単体名義でのリリースが久しぶりという事ですが、Tiëstoとのコラボで一気に知名度を上げたアーティストは数知れないですよね。

今をときめくThe Chainsmokersをはじめ、Oliver Heldens、KSHMRなどなど。DJ MAGでNo.1に輝いたHardwellやMartin Garrixもそうですよね。

このあたりは、あらためて振り返ってみたいと思います。

 

90年代から今もシーンをけん引する存在

昨年は、deep houseにフォーカスしたサブレーベル「AFTR:HRS」を新たに立ち上げるなど、シーンの移り変わりに敏感に対応しながら新たな才能を発掘しているTiësto。

2016年はULTRA JAPANで8年ぶりの来日公演を実現してくれましたが、これからも目が離せない存在です。

 

広告を非表示にする